テコンドーとは



テコンドーは 韓国の国技 で、蹴り技主体の 打撃系格闘技 です。

スピーディーなステップ強力な蹴り技 が最大の特徴で、2000年 シドニーオリンピックから オリンピック正式種目 となっています。



テコンドーには大きく分けて、
・ WTF (World Taekwondo Federation)
・ ITF (International Taekwondo Federation)
の2つの団体がありますが、オリンピック正式種目に採用されているのは WTF です。

烈蹴会 は、WTFに所属しています。



一般的に 蹴り技が多彩 と言われていますが、ローキックやヒザ蹴りは 反則 となっていますので、 実際のところ 蹴り技の種類自体は、フルコンタクト空手の方が多い のです。

正確には、試合中に使用する打撃技のうち、蹴り技の占める割合が高い と言った方が正しいでしょう。







  ティオティチャギ
  (跳び後ろ蹴り)の練習。

  テコンドーの試合では、
  カウンター の技として
  よく使われます。

  テコンドーの蹴り技の中で、
  最も威力が高い技 です。


スタイルによって大きく異なるとは思いますが、例えばフルコンタクト空手で、仮に試合中に使用する突きと蹴りの割合が 4:6 ぐらいだとします。

テコンドーの場合は、それが 1:9、あるいは9以上なのです。

ローキックと顔面パンチが反則である以上、試合展開としては主に 上半身への蹴り技の応酬 となり、また ポイント制 を採用しているところから、足技のボクシング とも呼ばれています。(顔面パンチはITFではOK、ローキックは両団体とも反則。)



以上のことからわかる通り、試合ルールの性格上、蹴りの 1発1発の重さ よりも、スピード正確性連続性 が要求されます。

他にも、2分3R フルに動ける 全身持久力 や、フェイント を駆使して相手にわざと先に攻撃させておいて カウンター を合わせる技術、またそういった 戦術 を瞬時に使い分ける 頭脳 が要求されます。




 試合のVTR (YouTube / 2012年 ロンドンオリンピック)